【お知らせ】9月23日はスピード鑑定非対応

私の使命は?使命に取り組むためにやるべきこと(旧鑑定規定)

進路の悩み
この記事は約9分で読めます。

メール鑑定ご相談内容

■メール鑑定の種類:本鑑定
■お名前:陽子様(仮名)
■年齢:50代後半
■性別:女性

いつもブログを読ませて頂いています。
なぜ私は今生で日本人として今の両親の元に生まれてきたのか、何を克服しようと計画してきたのかが知りたいです。それによって、もやもやを吹き飛ばせそうな気がします。

いつも「自分の本当の場所はここではない」という気がしていました。これまでにも何度か別の方々に鑑定をしていただいたことがあり、大分気持ちが楽になりました。

両親(親戚も)と気が合わないことも何か意味があるのだと思います。母からは「親なのに大切にしない・冷たい・変わった子だ」など言われてきました。きつい言葉で縛り付ける母だけでなく、優しく接してくれる父にもなぜか親近感がわきません。

これまで、自己肯定感が低かったことも(今は大分克服しました)、無意識に母よりも幸せになることに罪悪感を抱いていたことも、自分が自分をそのような枠に閉じ込めていただけだと思います。

これからは、人の期待に応えるためではなく、自分のために楽しく生きようと思っています。でも、年老いた両親のことをほっておくこともできず、悩んでいます。

別の方に鑑定をしてもらった時「母がやって欲しいことではなく、自分ができることだけをやりなさい」と言ってもらい、とても気が楽になりましたが、そもそもなぜこんなに気が合わないのか…私はそれによって何を学ぶべきなのか…今後どう生きていったらいいのかを知りたいです。どうぞよろしくお願い致します。

そして、自分の夫や子どもや友達など、信頼できる人はいますし、今でも十分満足していますが、もっと増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

別の方にリーディングしていただいたときに、どこかははっきりしないけれど「ヨーロッパのどこかに私の魂のかけらが残っている」と言われました。そこにいけば、何かヒントが見つかるかるのでしょうか?

自分の人生ももう後半戦なので、もやもやを完全に取り払って自分の使命(それが何かよくわかりませんが)に、取り組みたいと思っています。直感で門次郎様は信頼できる人だと思いました。(人を見る目はあると思っています)どうぞよろしくお願い致します。

メール本鑑定結果

なぜ私は今生で日本人として今の両親の元に生まれてきたの?

両親のもとに生まれた理由を読み解くことで「現世で何を学び、何をしたいのか」ということが視えてきます。

そのことをこれからお伝え致しますが、陽子様が腑に落ちなければ私が間違えているのだと思います。しかし、腑に落ちるようであれば、きっとそこにモヤモヤを解消するヒントが隠されていると思いますので、参考にしていただけますと幸いです。

まず「ご両親と合わない」ということですが、実はそれでいいんです。と言うもの、もしご両親に愛され、何の不満もないような環境で育っていたら、陽子様の魂が目指している場所へたどり着くことができないからです。

ご両親がいるにもかかわらず、愛されていない感覚、孤独である感覚、我が子の気持ちよりも世間体を気にする母への違和感などが、陽子様に気づきや成長を与えるのにちょうどいい環境となっていたはずなんです。

もし、両親に愛され、気も合い、家庭円満で幸せに育っていたら、現世で陽子様の魂が成し遂げたいと思っていることをする気にもならなかったでしょうし、こうしてご相談をいただくこともなかったと思います。今回ご相談をいただいたのは「そろそろ機が熟した」ということで、魂の成し遂げたいことに目を向ける時期が来ているのだと思います。

又、陽子様が本当に目を向けなければならないのは「血のつながりのない他人」です。両親第一というように捉われないためにも、今の両親を選び生まれています。両親の為に人生を捧げるような生き方をするのではなく「赤の他人に愛を持って接する」という部分を積極的に行う事が、魂の学びに沿った生き方になります。

というわけで、両親のもとに生まれた理由は、「陽子様の魂が成し遂げたいことをするため」「長い年月をかけ心を鍛えるため」「血のつながりのない他人という壁を越えて愛を持てるようになるため」です。きっとこのことについて、ご自身で振り返り考えると、点と点が繋がり…後々よくわかるようになると思います。

私の魂が成し遂げたいこととは?

陽子様の魂は「弱点を克服したい」という想いよりも「成し遂げたい」という想いが強いです。

「克服」と聞くと「欠点を正したい」という感じになりますよね。陽子様はそうではなく「成し遂げたい想い」を胸に生まれて来たことがわかります。

現世でどんな計画を持って生まれて来たのかというと、最終目標は「人の為に生き、多くの人の未来を繋いでいく」ということ。それを成し遂げることで、人生を謳歌し魂も満足するということに繋がります。

「陽子様は、子供がお好きでしょうか?」

実は陽子様を視ていますと、たくさんの子供たちが視えます。どういった子供たちかといいますと…「親のない子、貧しい子、事情があり苦しい生活を虐げられてしまった子供たち」です。

おそらく、そうした子供たちの悲しみを知るために、愛の無いご両親を選び生まれてきており、ご自身で経験したからこそ、貧しい子供たちの気持ちがわかるのではないでしょうか。そして「そんな子供たちの力になりたい」という気持ちがあるのではないでしょうか。

視える子供たちは、カンボジアの募金などで見かけるような子供たち。食べるのもままならない姿が視えるのですが、これは決してカンボジアの子供たちに限定しているというものではなく、その方が私にとってわかりやすいので視せられている映像だと思います。ただ言えるのは「身寄りのない子供や貧しい子供を救う」という部分はブレていないと思います。

現在英語の講師をされているということなので、外国の子供たちを相手にすることもできますよね?もしかしたら、そのスキルはこうしたところに役立ってくるのかもしれません。

魂の成し遂げたい事というのが「国や血のつながりにこだわることなく愛情を注ぐこと」になりますので、日本人や外国人だからという偏見をお持ちではないはずです。

だからきっと『なぜ私は日本人を選んだのだろう…』と考えてしまうのかもしれません。その答えについては一言で答えられるものではありませんし、魂の深い深い意味があってのことなので、私ごときではわかりませんが「成し遂げたいことをするために一番いい環境が日本の環境とご両親だった」のだと思います。それ以外の理由が見当たりません。

現在50代後半ということで、これまでの経験とスキルがあって機は熟したということになります。今後の人生を「困っている子供たちを支えること」に力を入れると、使命感を持って生きることができ、満足のいく最期を迎えられるようになります。

「困っている人」となると、高齢者や障害を持った方もいらっしゃいますが、魂が現世で成し遂げたいのは「成人していない子供たち」が対象になっているようで、高齢者らの姿はまったく視えません。「助けるのは子供」というところは、お間違いなく宜しくお願い致します。

自分の夫や子どもや友達など、信頼できる人はいますし、今でも十分満足していますが、もっと増やせる可能性もあるなら、どうすればいいのでしょうか?

この気持ちは、魂が想いを成し遂げるために必要な起爆剤のようなものです。今後新しい出会いや新しいことをしなければならないのに、何の疑問も持たなければ前に進むことはできません。こうして人間関係を広げたいと思うのは、新境地に行くために必要な感情です。

今の生活のまま、どんなに良い人と出会い、知り合いが増えたところで、その想いは成就しません。ちゃんと狙ったところに行って、自分の本当の居場所の中で人間関係の輪を広げる必要があります。その居場所というのが「親のいない子や貧しい子たち」の面倒を見ている場所です。

「子供たちを救いたい!」と思い、活動されている人たちとのご縁が、何か足りないと感じていた人間関係の隙間を埋めることになります。そうした人たちはどこにいるのか…具体的にはわかりませんが、ボランティア団体や孤児院、他にもあると思います。そういったところでご活躍されている人たちと関わると、しっくりくるはずです。

魂の想いを成就するには「子供たちを救うこと」。そうしたことを仕事にできれば一番いいかもしれませんが、どういったところで子供たちの支援をされているのかお調べになり、ボランティア活動でも構わないので、そういった活動に参加してみてはいかがでしょうか。英語を教えるスキルもお持ちなので、それも必ず役に立つはずです。

もし、しっくりくるものがあれば間違いないと思いますので、申し上げたような方向性でできることがないか考えみていただけますと幸いです。

別の方にリーディングしていただいたときに「どこかははっきりしないけれど、ヨーロッパのどこかに、私の魂のかけらが残っている」と言われました。そこにいけば、何かヒントが見つかるのでしょうか?

ヨーロッパがお好きなのでしょうか?

もしそうであれば、ヨーロッパのどこかに縁があるのかもしれませんが、視させていただいた限りでは、私にはヨーロッパの映像が視えてきませんので何とも言えません。

カンボジアの映像が視える…と申し上げたように、東南アジアの中でも貧しい国の映像は視えるので、そちらの方に縁があるのではないかと思います。

私にはヨーロッパが視えないので本当かな?という疑問はございますが、視えるものは人それぞれ違うのでそうなのかもしれません。ですので、これに関してはお答えいただいた先生に聞いていただく方が確実かと思います。

以上が本鑑定結果となります。

メール鑑定結果へのご感想

早々に鑑定していただき、ありがとうございました。結果にとても驚きましたが、おそらくそれが私が計画してきたことだという気がしています。

門次郎からの質問

「陽子様は、子供がお好きでしょうか?」

はい、子どもは大大大好きです。日本人も外国人も関係ありません。子どもがいるとつい(心の中で)話しかけます。たいていにっこり笑い返してくれます。そして不思議なことに、まだ自分が母親になる前から、子育てを頑張っている両親、特にお父さんの話を聞くと、なぜか心の中で「よしよし」とか「いいじゃん」のような両親を褒めるような気持ちになります。ずっと、どうしてなんだろうと不思議に思っていました。

ボランティアに関しては、女の子のための支援団体に寄付しようと思っているところです。この団体の話を聞いてすぐに調べたのですが、毎年4月から1年間の会費のような仕組みらしいので、4月になったら寄付しようと思っていました。その他にも色々支援する場所はありそうですが、まずはここからスタートし、徐々に活動範囲を広げていこうと思います。

これまでずっと英語の勉強を続けてきたので、おそらく私の使命は英語に関することではないかと思っていました。子ども好きなのは、自分としては本線ではなかったので、「え?そっちなの?」と、とても驚いています。テレビで子どもの虐待などのニュースを聞くたびにほっておけないような気がしています。「なるほどー、そっちなんですねー」とただただ驚いています。虐待とは関係ありませんが、実は、児童文学の翻訳にも興味があります。それに関しては、また相談させて頂くかもしれません。

これまで両親の事がずっとネックになっており、何人かの方に視ていただき、かなりその問題はクリアできたような気がします。今回の門次郎さんの鑑定で、完璧に抜け出せたような気がしています。ヨーロッパに何かヒントがあるかもという話を聞いたあと、フランスに行ってきました(流れに任せるとフランスになりました)。長い間海外旅行には行ってこなかったのですが、両親のためではなく、自分軸で自分が楽しい事をするというミッションだったのかもしれません。縛りが取れたので、いよいよ自分の使命に取り組む時期がきたのかもしれないと、勝手に解釈しています。

自分が思っていたこととは違う答えを頂き、とても驚きましたが、ずっと昔から子どもは大好きです。私の人生の隅の方に追いやられていたことが、実はメインだったといった感じでしょうか。門次郎さんに教えていただいたおかげで、寄り道せずに一気に進めそうです。ありがとうございました。

とても爽快な気分です。色々と、もやもやしていたことがすっきりしました。感謝しております。今後ともブログを読ませていただきますね。また、何か迷ったときはお世話になると思います。そのときはどうぞまたよろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました