メール鑑定の特徴

メール鑑定6つのメリット5つのデメリット

メール鑑定・6つのメリット

1.お店に行く必要がない・時間を選ばない

対面占いを受けるには、時間をかけて移動するか出張してもらう必要があります。しかし、メール鑑定は場所や時間を選びません。

2.文章化すると悩みを整理できる

対面占いや電話占いの場合、「言いたいこと忘れてしまった…」「上手に話せなかった…」ということがあります。

自分の想いを言葉にするのが苦手な方は、メール鑑定の方が自分の想いを出し切れますし、文章化すれば悩みの整理にもつながります。

3.会話の苦手な方でも大丈夫

初対面の人相手に緊張せずに話せる方は、対面鑑定や電話鑑定でも問題ありませんが、私のように会話が苦手な方にとって初対面の人を相手にスラスラ話すのはハードルの高いことになります。

そのため、「緊張して聞きたいことが聞けなかった…」というオチになることも多く、せっかくの鑑定も不完全燃焼になりかねません。

その点メール鑑定では、会話が下手であっても、文脈の作り方が下手であっても、自分で読み返して修正することも可能であるため、会話のうまさはさほど問題ではありません。

緊張してしまう方や会話の苦手な方はメール鑑定一択と言っても過言ではありません。

4.誰とも顔を合わせず相談できる

顔を合わせないで済む&直接話さなくて済むため、言いにくいことでも相談しやすく本音をぶつけられます。

言いにくい相談となると「不倫」が多いかもしれませんね。しかし、そういう内容でも周りに気を遣わずに素直に気持ちを伝えられます。結果、より的確なアドバイスを導けます。

5.鑑定結果が文字として残るため読み返せる

対面占いや電話占いを受けた直後ならまだしも、1ヶ月…2ヶ月…した時に、その内容を覚えていられるでしょうか?大まかに覚えていたとしても、詳細までは難しいと思います。

メール鑑定は、メールが消えない限り、数年前の占い結果でも繰り返し見れます。

6.料金が定額である

電話占いは、1分ごとにどんどん料金がプラスされていきますが、メール鑑定は「定額」です。相場2500円~15000円と幅はありますが、鑑定後に追加で料金を請求されることはないので安心して利用できます(国外の方も安心)

メール鑑定・5つのデメリット

1.会話のキャッチボールができない

個人の場合、鑑定結果に対し1回の質問は受け付けているところもありますが、電話占い会社のメール鑑定は、占い結果に対し質問は受け付けていません。つまり、質問したければ再度メール鑑定の依頼を出さなければなりません。

このようにメール鑑定は、会話のキャッチボールに制限がでてきます。しかし、質問しなくてもいいような相談文を作れば問題ありません。自分が何に迷い、何を聞き来たいのか…慎重に要点をまとめて依頼をしましょう。

2.鑑定結果がリアルタイムでわからない

鑑定結果は、依頼をしてから数日後に返信がきます。つまり、相談事に対してすぐにアドバイスを得られません。ですが、これも1つのメリットなのかなと思っています。

以前、メール鑑定(個人)を受けたのですが、混んでいたので占い結果が届いたのは数週間後でした。その間に、自分の中でも徐々に整理でき、半分以上は解決していました。

3.メールを作成するのに手間がかかる

相談者は、「どんな悩みなのか」「なぜそうなったのか」などを鑑定師にわかりやすく文章で伝えなければなりません。

普段から想いを文章にしている人であれば、すぐに終わるのかも知れませんが、そうでない場合はメール作成に時間を要します。

4.占い師の雰囲気がわからない

対面占いであれば「表情・声・動き」、電話占いであれば「声」で相手の雰囲気を察することができます。しかし、メール鑑定は「文字」だけですので占い師の人間性・雰囲気などが見えにくくなります。

ちなみに、私が若い頃メール鑑定を依頼したら、あらかじめ用意された占い結果が送られて、そこから有料占いを紹介されました。このような悪徳業者は、悪い噂が広まると名前を変えて繰り返します。

5.無料メール鑑定のリスク

無料メール鑑定ができるサイトやアプリがありますが、そのほとんどが、無料から有料に繋げる仕組みです。無料で不安をあおったり、期待を持たせたりしますが、決して答えにたどり着けません。

答えを聞くために料金を払ったとしても、メール相手は占い師ではなく、一般のアルバイトがマニュアルを見て答えているだけだったりします。

いわゆる詐欺サイトですが、こうしたサイトに登録すると、毎日営業メールがきたり、架空請求がきたり、個人情報を売買されたりと、あとあと面倒が起こります。

どうしてこういうことを申し上げるのかと言うと、その昔私自身が無料メール鑑定を利用して、面倒に巻き込まれたからです。無料メール鑑定には、こうしたリスクが潜んでいる可能性があるので注意しましょう。

メール鑑定で失敗しないための3つのポイント

1.要点をまとめて伝える

説明が不十分だと聞きたいことが聞けません。
「今悩んでいるのは〇〇です」
「〇〇についてどうしたらいいのかアドバイスがほしい」
というように、まず要点を明確に伝えましょう。

2.経緯を具体的にわかりやすく伝える

「能力者なら伝えなくてもわかるでしょ」と思っていたら大間違いです。きちんと伝えなければ、誤解や思い込みで鑑定をすすめてしまう可能性もありますので、経緯などの詳細も出来る限り伝えましょう。
しかし、占い会社によっては「相談文1000文字以内」というように制限がある所もありますので、事前に確認されることをお忘れなく!

3.顔写真の提出

電話占い会社で行っているメール鑑定は、顔写真不要のところが多いようですね。しかし、一部では任意で写真提出できる会社もあります。

「顔なんて見せたくない」と思われるかも知れませんが、「顔」から感じ取れるものはおおいにあります。つまり、顔写真を提出した方が、「より的確なアドバイスを受けられる」という訳です。

電話占いであれば、詳しく話を聞き出せますし、声や話し方から相談者の性格などを読み取れます。しかし、メール鑑定の場合、頼りになるのは「相談文のみ」です。

もし、写真提出できる会社であれば、提出されることをおすすめします。写真提出がない会社の場合は、相談文を詳細に書いたほうがよいです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。