お知らせ【11/17:スピード鑑定のご予約分は埋まりました】【11/20:休業日】
メール鑑定の実例

ご相談者様のご厚意により、門次郎がこれまでにおこなってきた鑑定内容を公開しています。どのような鑑定を受けられるのかお分かり頂けると思います。また当然のことですが、嘘偽りなく掲載していますので、参考にして頂けると幸いです。

メール鑑定の実例はこちら

復縁祈願・別れてから1ヶ月で復縁

メール鑑定の実例

復縁するには素直が一番

今回のお話は復縁のお話しですが、結論から申しますと「うまくいった例」になります。

遠距離恋愛中の女性が、考え方の違いから険悪なムードになり、このままだと別れてしまいそう…というご相談でした。

女性は、もちろん別れたくありません。

鑑定をさせて頂いた限りでは、お二人の縁は深く結婚の可能性も十分にあると考えられました。ですので、私は「深い縁であり縁が切れることはない」と伝えました。

その鑑定結果を聞いて女性は、険悪なムードになっているけれども、なんとかなるという想いで日々を過ごされていました。

鑑定から半月ほどして、再度ご連絡を頂いたのですが…

彼から別れを告げられたとのこと…

「彼から別れを告げられてどうしていいかわからない」と連絡を頂きました。

私の心情は『え⁉︎、まさか…』です。

お話を聞いて、私も顔面蒼白です…

私がお二人の縁は深いと伝えたことで、女性は希望を持ったにも関わらず、別れを告げられたことで一気に奈落の底に落とされた気分に…。

女性はおっしゃいます。
「別れたくないしやり直したい、でも彼の意思は固くて揺るがない、どうしていいかわからない…」

とても悲痛な訴えを頂きました。

好きなのに…

好きでも相手と意見が食い違うこともありますよね?
お互い譲れない部分ですれ違いが生じることもあります。

話し合ってすぐに解決する問題ばかりではないですし、すぐに和解できないこともあります。

どうしても譲れない部分で話がこじれてしまったら、和解する前に別れ話になることだってあります。

別れの原因は、お互いに譲れない部分でいざこざが生じてしまったことです。

彼の気持ちを代弁すると、お互いに譲らないし、分かり合えない、だったら別れよう…。こんな感じだと思います。彼の本心は、別れることが本望ではないはずです。

「育ってきた環境が違うから~ 好き嫌いはいなめない~」というセロリの歌詞のとおり、育ってきた環境が違うのですれ違うこともあります…お互い好きだけどすれ違うこともあります…。

こうしたすれ違いは、お互いの学びの為に起きています。

元々ご縁が深いお二人なので、別れ話が出てもやり直せるはずです。別れて深まる縁もあります。こうしたいざこざも最終的には、良い方向に向いていく為のものだと思います。

まだ復縁の可能性はある

彼が別れを切り出してきましたが…

お二人は、別れた後も顔を合わさなければならない機会があるとおっしゃっていたこともあり、今回の別れ話は本当の別れにならないと感じました。

この別れ話は、2人の仲を深めるためだったり、素直になる勉強だったり、相手を思いやる気持ちが大切だと気づく為の経験だったりするのです。

ご縁が深く、復縁される可能性が高いと感じていたことから、以下のようなお返事をしました。

女性に伝えた言葉

彼に別れを告げられたのですね。

前回の鑑定で、お二人は結ばれると思いました。

彼と完全に疎遠にならない限りは、また引き寄せられます。

山あり谷ありで、結ばれる過程において今回のようなこともあるかと思いますが、まだ完全に縁は切れていません。

今後、会う機会もあるということであれば、終わったわけではないと思います。

今は、別れに対する彼の意思が固いと思われても、時間と共に彼の気持ちは変わります。

時が経ち、彼の気持ちが落ち着くのを待っていただけませんでしょうか。遅くとも桜の咲く頃には結ばれると感じます。

というお返事をしました。

その後ひと月ほどして復縁したと連絡が!

あれからひと月ほどしてお返事をいただきました。

別れてから顔を合わす日が来たそうです。

その時、彼のほうから復縁の申し出があったそうです。

女性いわく「とっても大事にしてくれる彼に戻りました」とのことでした。

私もホッとしました…

今回復縁できたことで以下のようにおっしゃっています。

女性「 私も今までのことを振り返って猛烈に反省しているので、それを活かして付き合っていきたいと思います。」

きっと女性はすごく反省して、素直な気持ちで彼に謝罪したのでしょうね。そして、彼も時間とともに意地を張っていた自分を反省して復縁を考えたのだと思います。

復縁の方法

復縁の方法…それは相手の非を責めるよりも「素直にごめんなさい。」と謝ることではないでしょうか。

それと「折り合いのつくところで折り合いをつける」ことも大切です。意地の張り合いをしても、復縁はできません。

意見がぶつかり合うことは悪いことではありませんが、ぶつかり合わなければ深い意味でお互いを知ることはできません。

ぶつかり合った後はお互いに思いやりを持ち、お互いの意見に歩み寄ることで、これまでよりも深く分かり合えると思います。

今回のことは、2人にとって辛いことだったとは思いますが、お互い本心をぶつけ合って反省したことで、理解を深めることができたのですから、大きな進歩だったと思います。

一度離れ、お互いの存在の大きさを知り、以前より大切な存在だと気づくことができたのではないでしょうか。

またぶつかり合うこともあると思いますが、最後は素直に「ごめんなさい」を言える関係でいてほしいと思います。そうすることで、絆は深まっていきます。

別れることが2人の学びではないのなら、こうして復縁できるものです。これからも、寄り添って生きていかれると思いますので、素直に思いやりを持って仲良くしお過ごしください。

以上、復縁の方法。遠距離恋愛で別れて復縁されたお話でした。