Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
メール鑑定の実例

ご相談者様のご厚意により、門次郎がこれまでにおこなってきた鑑定内容を公開しています。どのような鑑定を受けられるのかお分かり頂けると思います。また当然のことですが、嘘偽りなく掲載していますので、参考にして頂けると幸いです。

メール鑑定の実例はこちら

会社の閉鎖が意味するものをメール鑑定で

メール鑑定の実例

閉鎖が意味するものそれは…

これを読まれている方の中には、会社を経営して閉鎖された方や、仕事を辞めざるえない状況に追い込まれた方もおられるかもしれません。

一見、そのような出来事は不幸なように思われますが、果たして本当に不幸なのでしょうか?1つ見方を変えれば、不幸から救われた出来事かもしれません。

今回は、会社を経営していたご夫婦(50代)が経営難に陥り会社を閉鎖したというお話しです。

どうして閉鎖しなければならないほど追い込まれたのか?それには見えない世界からのメッセージが込められていました。

閉鎖へと追い込まれた理由を知ることで、決して不幸な出来事だったとは言えませんでした。その結末とは何なのか?一緒に考えながらご覧ください。

以下ご相談内容をご紹介致します。

ご相談内容

主人と小規模の会社を十数年間経営してまいりましたが、経営難と私自身も精神的、肉体的にも限界になり数ヶ月前に閉鎖しました。

従業員の方達は、5~8年私と共に働いてくれとても良い仲間に恵まれ感謝の気持ちで一杯でした。

私の中では、少し休んだら次の仕事と考えていたのですが、仕事を辞めて1ヵ月をしたら背中に痛みが出て胃腸の調子も悪くなり、掛かり付けの整体医院に行きましたら、背中の自律神経が通っている部分が鉄板の様にガチガチになっているとの事。治療をして大分楽になりそろそろいいかなと思ったら、今度は腰痛…立っている事が辛くなってしまいました、治療をして大分楽になりましたが、まだ完全ではありません。

経済的にも厳しい状況なので、本当はそろそろ働きに行かないといけないのですが、中々その気になれないでいます。

私の中では、人の話しを聞く事に携わる仕事をしたいのですが。この先の道がわからなくなっています。(…以下割愛致します)


上記のご相談でした。

会社の閉鎖が不幸だとは言えません。

会社を閉鎖に追い込まれ、働きに出ようとすれば体調不良になり働きに出れない。

この度重なる出来事は、ご夫婦にとって不幸の連続のように思われます。

鑑定には、ご夫婦のお写真を頂きました。ご夫婦の人格はとても良いので、どうしてこんな不幸が起こるのか?私もにわかに信じ難いお話しです。

一連の不幸にどんな意味があったのか、神様にお伺いしたことをお話したいと思います。

以下鑑定結果をご紹介致します。

鑑定結果

これから新たに仕事をしなければならないという状況の中、次々に体調不良が出てしまい働く気力が持てない、そんな状況にどんな意味があるのか、そして今後どうすべきか、ということをお聞きになりたいと思いますので、ご説明していきたいと思います。

今、奥様が体調不良になられていることについて神様にお伺いしますと、奥様は会社で働いていた時、かなり無理をしていたのではないですか?神様は、その頃に無理したことが体調不良に出ていると言います。

仕事をしていた時は、気を張っているせいで自分の体が悲鳴を上げていることに気がつかなかったか、もしくは気づいていたけど自分の体よりも、仕事や家庭という部分に酷使されていたのではないでしょうか。自分の体に不安を感じたことはなかったですか?

神様は、あのまま仕事を続けていたら取り返しのつかないことになっていたと言います。奥様の命に関わるほどの病気が襲う可能性が高くなっていたと思われます。

いわゆる無理が祟ったことによる突然死です。あのまま仕事を続けることで命を落とすような病気で倒れていた可能性が高いのです。

会社を経営されているトップが、私利私欲で運営していれば潰れるリスクが高くなりますが、ご主人も奥様もそんな心境ではなかった。純粋に人の為になる仕事がしたいということで経営されていたと思います。

お二人のような気持ちで運営されていれば、なかなか閉鎖に追い込まれることはありません。人の為にと思う気持ちで行う仕事には、神仏も力を貸してくれるからです。

しかし、閉鎖に追い込まれたのは奥様の命が関わっていたからです。あのまま仕事を続ければ突然死が待っていたからです。会社が閉鎖に追い込まれることで、奥様は命を落とさずに済んでいます。

奇跡のようなことですが、寿命ではないのに死なすわけにはいかないという守護霊達のお導きにより会社は閉鎖となっています。

体調不良に関しては、まだ休みなさいという意味が込められています。奥様にはしばらく休養が必要だということです。痛みで仕事ができないように制御されていたということになります。

一見痛いのは不幸な気もしますが、それがなければ奥様はまた無理をしかねません。休ませる時間を与える為に、病気になるということもあります。

そろそろ仕事をしなければいけないということですが、肉体的にしんどい仕事はやめておいてください。

人の話しを聞く仕事が良いと思います。奥様もご主人もそうですが、人と携わる仕事が向いておられます。

お二人ともコミュニケーションがとても上手です。その長所を活かさず仕事をするのはもったいないことです。奥様は肉体的に無理のない仕事を選んでください。無理をされるとまた体調不良になりますので無理は禁物です。

お二人は心が良いので、そのことは神仏も見ています。今は経済的な不安があるかもしれませんが、本当にピンチになればちゃんと手を差し伸べてくださいます。

お導きを頂けるので、将来的な心配はあまり必要ないと思います。今できることをして行く、それだけで充分だと思います。


上記のお返事を致しました。

鑑定後のご感想は以下のものです。

鑑定結果へのご感想

確かに仕事の時は、最初から最後まで気の張りっぱなしで、気の休まる日が殆どなかったと思います。辞める選択が出来ない投げ出す訳にはいかない、乗り越えるしかない、只ただそれだけで、辞める選択が出来ると言う事はどんなにありがたい事かと思いました。

今回の鑑定結果でまさか命に係わる事になっていたとは思いも寄りませんでした、これからはもう少し自分体を大事にしてあげたいと思います。

(…以下割愛します)


とのことでした。

今回のご相談は、一見不幸に思える出来事も実は救われていたということになります。命は何物にも代えられません。ご夫婦はしっかりと守られているのだと思います。

誰にでも不幸な出来事がありますが、不幸な出来事の裏には深い意味があるかもしれません。実は救われていたということもあるはずです。

悪いように考えればきりがありません。不幸に思われる出来事をどのように捉えるかで人生は大きく変わってくると思います。

私達が不幸に思う出来事が、実は幸運なことかもしれません。何事もポジティブに捉えたいものです。

今回のお話が皆様の参考になれば幸いです。

以上、会社の閉鎖が意味するものでした。