お知らせ【11/17:スピード鑑定のご予約分は埋まりました】【11/20:休業日】
メール鑑定の実例

ご相談者様のご厚意により、門次郎がこれまでにおこなってきた鑑定内容を公開しています。どのような鑑定を受けられるのかお分かり頂けると思います。また当然のことですが、嘘偽りなく掲載していますので、参考にして頂けると幸いです。

メール鑑定の実例はこちら

負のループから抜け出す為に必要なこと

メール鑑定の実例

負のループ

ネガティヴな想いがネガティヴを引き寄せる「負のループ」にハマってしまったら、待っているだけでは救われないかもしれません。

本日の記事は、決して誹謗中傷するつもりはありませんが、もしもあなたがこれからご紹介するご相談者様と同じ心境にあるのなら、負のループから抜け出す覚悟を決めて自分を変えていく必要があります。

50代女性からのご相談です。

以下、ご相談内容から抜粋させて頂きました。

負のループから抜け出せない心情

今、心の中が空っぽ状態と言うか、無気力、何もできない、何もする気もちが沸かなく、毎日がただ過ぎていっている状態で・・・・心の中に大きな穴が開いているような状態。

先の不安、今の不安、現実を考えるととても怖くて、一人でこの苦しみを抱え…これから先もまだまだ続くのかと思うと、もうこれで終わりにしたいと言う気持ち。

不安になり神様に力を貸して頂きたく祈りをしたくても、何をどう祈り助けを御願いして良いのか判らなく、ただ毎日を何も努力なく生きている状態です。

これから先、どう生きていけば良いのか、明るい未来が全く想像できない状態でとても怖くて、ものすごく不安恐怖感で一杯の毎日です。

どう頑張り、どう乗り越えていけば、何を今考え、行動していけばいいのか判らない状態です。

どう生きていけばいいのか判りません。もう疲れて休みたい気持ちで一杯です。

頑張ることにも疲れ、期待・希望する夢見る事、何をしても無理と言うことが頭から離れない現状で心が砕けそうで体も付いていっていない状態です。

先生に何を聞きたくて何を伝えたいのかも判らなくなっていてごめんなさい。

という訴えを頂きました。

いったい何が、ここまで女性を追い詰めたのでしょう…。

目を背けても追いかけてくる課題

内容は省きますが、一言でいえば「現実問題から目を背けてこられたこと」が原因です。はじめは小さな問題も、やがて大きな問題へと発展し、今では手がつけられないという状況にまで追い込まれておられます。

現実問題は、人生の課題として与えられたことですので、目を背けるのではなく、向き合っていかなければなりません。その問題から逃げていると、姿かたちを変え大きくなっていきます。いくら逃げても、向き合わなければならない状況に追い込まれていきます。

問題が小さなうちに向き合っていれば、ここまでご相談者様を苦しめることはなかったと思います。早期解決へと導くことができたはずなです。

この世で起きる問題というのは課題であり、向き合う必要があるから起きることです。そこから目を背けても課題は追いかけてきます。

ご相談者様は、負の感情が負を呼び、さらに負に陥るという負のループにハマっておられます。

与えられた課題と向き合わない限り、何度も課題を与えられます。それは、人間性の向上と魂の成長を願っての守護霊達のはからいなんです。

解決策は「勇気を出して現実問題に向き合う」しかございません。神仏に祈るだけでは、課題をクリアすることはできません。

目を背けずに現実問題に向き合ってこそはじめて、守護霊や神仏からのお力添えを頂くことができます。

負の連鎖を断ち切る為には、「腹をくくり現実問題に立ち向かう」のみ。

もしも、ご相談者様と同じような心境で過ごしている方がおられるなら、問題から目を背けずに勇気を出して立ち向かってください。

神仏や守護霊は、あなたの成長を願い課題を与え続けてこられます。勇気を出して立ち向かうことができれば、解決策があるはずです。どうか諦めずに問題と向き合ってください。

以上、負のループでした。