仕事の悩み

仕事の悩み

ひきこもりを続ける息子様たちの適職とは?/メール鑑定実例

メール鑑定ご相談内容

■メール鑑定の種類:本鑑定
■お名前:ユリ様(仮名)
■年齢:50代前半
■性別:女性

はじめまして、いつもブログ楽しみに拝見しています。どうぞよろしくお願いいたします。

長男、次男のことでご相談があります。
それぞれ状況は違うのですが、約4年前から社会と関わっておらず、引きこもりという状況だと思います。

長男は、穏やかでのんびりした性格です。小さい頃からよくいじめられていたので、中学受験をし第一志望の中学に行きました。しかし、内部進学の高校で学力不足となり、留年中退になりました。定時制高校に編入し、一浪して大学を卒業。本人の意思で大学院を一浪して大学院に行きました。

そこで、学力不足により泣く泣く中退…その後、保険関係のバイトをしていたのですが、やめてから働くことをせず、親のお金で生活しています。働こうとはせず、家にずっといます。時々家族で出かけたり、ジョギングしたり、食器洗いなどを手伝ってくれていますが、将来については長男が嫌がるので、ここ一年話をしていません。

次男は、4才までは天真爛漫。その後自分の殻に閉じこもり、別人のように変わってしまいました。中学、高校と不登校気味なのを無理やり行かせ、何とか高校を卒業したのですが、大学は1ヶ月しか通えませんでした。

働けない、出来ないことばかり…人とも話が出来なくなってしまいました。引きこもり支援センターに相談し、発達障害の診断がおりました。就労支援の作業所にも通ったのですが「もう無理、人と一生関わらずに生きていく」と宣言しました。

歯医者や、散髪にも行かなくなり、髪は自分で丸刈りにしています。私や主人には普通に会話もあり、発達障害とは信じきれません。引きこもり専門のカウンセリングを私が受けて、子供の気持ちに寄り添い、共感するようにしてきました。

暴力的で、すぐにキレたりしていたのですが、最近ではだいぶ落ち着いて、穏やかで優しい面が前面に出てきてくれました。猫のお陰でもあります。

二人の将来が心配でなりません。
二人の気力が上がればと思います。
二人の適職がわかれば教えていただきたいです。

私は、過去の後悔、反省、将来の不安に気持ちが滅入ることもありますが、今を大切に生きていきたいと思っています。息子達に幸せになって欲しいと願っています。少しでも将来に明るいきざしが見えたらとおもいます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

メール簡易鑑定結果

いつも大変お世話になっております。お待たせ致しました。本鑑定結果となります。

生きていくためには「仕事」が必須になりますので、働きに出られなくなってしまったお子様たちを想うと親御様としては心配ですよね。そして、このまま仕事をしないというわけにもいきませんし、親御様が元気なうちに自立できるようになっていただきたいと願うばかりです。

息子様達が自信をつけるためには、やはり適職を知った上で、適職に沿った仕事をして、楽しさや充実感を得ることが近道かと思います。

この鑑定では「仕事を探す上での方向性」をお伝え致しますので、今後の参考にしていただけますと幸いです。

ご長男様

ご長男様につきましては、保険関係のバイトをしていた経験があり、その後お仕事をすることもなく、家の手伝いをされているとのこと。

バイトの経験で仕事をする喜びを感じることができず、働きに出ることが嫌になったのだと思いますが、何が嫌だったのかを探っていきますと「人間関係が苦痛でたまらなかった」というのが伝わってきます。

バイトの中に、偉そうに言ってくる人がいたのでしょう…上から押さえつけられ、もの凄くストレスに感じていらっしゃったように視えます。保険屋さんのアルバイトの業務内容がいかなるものかわかりませんが、仕事も面白くない…という状況。更にはセールスも向いておりませんので、セールスが主体の雰囲気も合わなかったのだと思います。

そうしてできた悪い印象から「自分は会社で働くこと自体が向いていない」と判断してしまったのだと思います。しかし、実際のところそうではなく、ご長男様も適職の道を歩めば、会社勤めもできるでしょうし、フリーランスとして働くこともできる高い素質を持っています。

ではどんな仕事が適職になるのか?それは、不適合と思われる仕事を上げていくと絞られていきますので、まずはそちらから…

・不適合な仕事
営業職やサービス業…人見知りということもありますが、言葉巧みにコミュニケーションを図るのが苦手なので営業は向いていません。人との付き合いも広く浅くではなく、狭く深くを好む方ですので、どちらかと言えば人間嫌いな傾向があります。これらの理由から、営業職やサービス業は向いていません。

作業員…肉体労働が主な作業員も向いていません。ガテン系は人間性が合わないので論外ですが、工場などの作業員であっても、教えられた作業を繰り返すのは面白くないと感じます。肉体労働自体が合わないとお考えいただければと思います。

営業職やサービス業、作業員、これらがダメとなると選択範囲は狭まりますが、ご長男様は優れた能力をお持ちなので、何も問題ありません。

・適職
では適職は?ということですが、私のような感覚的に生きている人間とは真逆で、頭脳明晰で何手先も読んで行動できる資質をお持ちの方です。狭き門で現実的ではありませんが、全体来な物語の構成を組み立てられる高い能力をお持ちなので、脚本家や小説家など、そういった想像を形に変えられる仕事が適職になります。そして、想像力が豊かな方ですので、それを活かせる仕事が適職になります。

一般的な仕事の枠におさめようとすると「仕事が合わない、仕事はつまらないものだ」という印象しか持つことができず『仕事をしたくない』という結論に至ってしまいます。

ご長男様は天才資質なので、一般的な枠の仕事は向いていません。想像を形にするという意味では、建築士やプログラマーは向いています。プログラマーはたくさん種類がありますが、プログラミングの知識と顧客を獲得さえすれば、フリーランスでも食べていけると思います。

・プログラマーの種類
– Web系…ショッピングサイトやデータベースの構築など
– ゲーム系…スマートフォンのゲームアプリやオンラインゲームなど
– 組み込み、制御系…電子レンジや炊飯器などの家電製品のほか、テレビ、スマートフォンなどの機械を制御するプログラムなど
– パッケージアプリケーション系…PCで使用するアプリケーションなど
– 社内システム系…自社システムの構築や運用など
– 設備制御系…交通機関、工場、研究室といった、設備に関する制御など
– オープン、オンライン系…ネットワークでWeb関連のシステムを開発し、サーバーのシステムを構築するなど
– 汎用系…クレジットカード、金融機関のシステムで使われるメインフレームの開発など
– 通信系…ルーターやモデムといったネットワーク機器をはじめとした、通信関連のプログラムなど

パソコンやゲームが得意なようにお見受けしたのですがいかがでしょうか。そういった才能をお持ちだと思いますし、嫌いではないと思いますので、プログラミングの勉強をして、ものになれば驚くほど稼げるようになると思います。そういった仕事であれば資質に合っていますし、やりがいを感じたり、仕事が楽しくなり、どんどんのめり込むので結果に繋がっていきます。

もともと凝り性な方なので、やり出したらとことんこだわりますし、クライアントにも良い物を提供できるので向いています。是非、プログラマーになってみては?と提案してみてはいかがでしょうか。きっと興味をもってくれると思いますよ。

ご次男様

ご次男様が暴力的で、すぐにキレたりしていたのは、もちろん本来の姿ではなく、やり場のない不安を態度に表しているだけ。今は不安が大きいのでまだ尖っていますが、本来は優しくて温厚な資質を持っています。

コミュニケーション能力については、人見知りで人付き合いが苦手ではありますが、内々では自己主張もされますし、コミュニケーション能力もあります。又、心に余裕がある時は冗談を言って人を笑わせるのも好きですので、冗談を言って笑うようになった時が、自信を取り戻した時になると思います。

今のご次男様は、他人に心を開くことに大きな抵抗を感じていらっしゃいます。心を閉ざす理由は「傷つくことを恐れているから」です。その状態で社会に出て仕事をするのは、高いハードルになると思います。

ですが唯一、ご次男様が心を許せるものがございます。それは「動物」です。

動物を扱う仕事であれ、人との関わりがあるので、その点はご次男様にとって大きな壁になりますが、動物が間に入るだけでその壁は低くなります。というのは、動物が会話の材料を与えてくれますし、動物のことであれば、自然と言葉が出るようになるからです。

動物はご次男様の心を和やかにし、気持ちを高揚させるので、自然とコミュニケーションが取れるようになります。

又、仕事中もご次男様が好きな動物の話題が中心となりますし、聞きたいこと言いたいことが自然と言葉に出せるため、動物の世話をするのも苦にはなりません。

一般的な仕事は、人との関りがメインになるので、苦手意識のある「人との触れ合い」だけとなり、腰が重たくなりますが、動物関係の仕事となると「好きな動物と触れ合える」気持ちが勝るので仕事も続きます。そうして働いているうちに、人間関係に自信がついてきますので、人が怖いという意識も減っていきます。

動物と触れ合える仕事は限られるので、そういった仕事に就くことが難しいのであれば、動物と人がいる場所に行って、動物を通じて人と関わっていくと、少しずつ自信がついていきます。

ご次男様はコミュニケーションが取れないわけではなく、自信のなさが苦手意識を大きくしているだけですので、きっかけさえあれば社会に適合できます。

「動物に救われる」という部分が強く視えるので、動物を扱っている仕事を探してみてはいかがでしょうか。又、お写真は猫ちゃんですが、ワンちゃんに救われる姿が視えますので、ワンちゃんのいるペットショップやドッグカフェ、ドッグトレーナーも向いています。現実的に難しければ、ワンちゃんを飼うのも方法です。

時間はかかるかもしれませんが、ご次男様の心を動かすのは動物になりますので、動物(特にワンちゃん)がキーパーソンということを踏まえて、今後の方向性を考えてみていただけますと幸いです。

以上が本鑑定結果となります。
この度はご用命いただきありがとうございました。

メール鑑定結果へのご感想

お返事遅くなり、申し訳ありません。
早く鑑定していただいてありがとうございます。

鑑定結果、とても参考になります。納得いくことばかりです。

長男には、一緒に出かけてキレイな景色でも見て和んだ時に、プログラマーのこと、話してみます。

次男は、犬に救われるのですね?
働きにいくことはハードルが高いので、犬を飼うことを考えてみようと思います。本来は動物好きで、気持ちの優しい次男だと思います。少しずつでも、社会と繋がっていけばと思います。

とても参考になりました。
ありがとうございます。

私のこと、家のこと、息子たちのこと、まだまだご相談したいことがありますので、引き続きよろしくお願いいたします。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。