Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
メール鑑定の実例

ご相談者様のご厚意により、門次郎がこれまでにおこなってきた鑑定内容を公開しています。どのような鑑定を受けられるのかお分かり頂けると思います。また当然のことですが、嘘偽りなく掲載していますので、参考にして頂けると幸いです。

メール鑑定の実例はこちら

医学部浪人生の合格までの一年、C判定から逆転勝利

メール鑑定の実例

医学部浪人生の逆転勝利までの一年

浪人生の息子様を持つ、お母様からのご相談です。

昨年、医学部の受験で不合格となり、浪人をしている息子様を心配しておられました。

昨年の受験では、医学部は不合格でしたが、他では合格していたので、医学部に拘らなければ浪人する事はなかったそうです。

しかし、どうしても医学部の道を捨てきれない息子様は、浪人する道を選ばれました。

お母様の話によると、息子様は幼い頃からお医者様になる事が夢だったそうです。夢にかける想いは昔から強く、その為に努力をしてきたそうです。

受験に失敗して変ってしまった息子様

医学部受験に失敗した事は、必死に頑張ってきた息子様にとって大きな挫折となり、精神のバランスを崩し体調も崩して落ち込みました。

そして息子様は不合格を機に、心身ともにバランスを崩しただけではなく、日が経つにつれ、人格まで変わってしまったのです…

息子様は元々家族とのコミュニケーションを取る方で、親子の会話もありました。コミュニケーションが取れる仲の良い親子を想像してください。

しかし不合格を機に、その会話も徐々になくなり、息子様は家族との会話を拒むようになっていったそうです。

家族との会話がなくなってからは、まるで人が変わったかの様に、勉強漬けの日々を送っているとの事でした。

何も語らない息子様の心中

息子様がどうして、家族との会話を拒んでいるのかを霊視すると伝わってくる事があります。

息子様は、浪人して親に迷惑をかけている申し訳なさを人一倍感じています。

息子様の心にあるのは、
合格が親への恩返し!
合格するまでは親に合わす顔なし!
家族と対等に話す資格なし!
遊ぶ暇はない!

息子様は、自分のせいで家族に迷惑をかけているのだから、合格するまではストイックに生きる覚悟を決めているようでした。

家族とのコミュニケーションを取りたくないのではなく、大好きな家族とのコミュニケーションを取らないことは自分への戒めです。

そんな息子様の事を心配して、何度かお母様からご相談を頂きましたが「今は静かに見守ってあげてください」とお伝えするしかありませんでした。

変わってしまった息子様を黙って支え続けた親御様の愛情ははかり知れません…

そんな日々が数ヶ月間ずっと続き
再び受験シーズンとなりまた。

センター試験で…

冬になり、再びご相談を頂きました。
依然として口を利かない状態が続いているとの事です。

親御様が心配されているのが、先日のセンター試験が終わった後の息子様の落ち込み様です。

この1年ストイックに頑張ってこられた息子様の頑張りは虚しく、センター試験ではC判定という結果となり、息子様は死んだような目をしていたそうです…

そんな息子様の姿を見たお母様は、『なんであんなに頑張ってきたのに、この子にこんなことばかり…』と悲しみが込み上げて眠れない夜を過ごされたそうです。

当事者ではなくても、その気持ちはわかりますよね…。

息子様の頑張りをずっと見守り続け、今年こそは絶対に合格させてあげたいと思うのが心情です。

家族とのコミュニケーションを遮断し、遊びもやめ、勉強漬けの毎日を送ってきたのに、不安の残るC判定で息子様は意気消沈…これはかなり辛かったと思います。

その結果を受け、予備校がすすめてきたのはA判定を頂いている大学で、息子様の目指す医学部は勧められませんでした。

しかし、医学部を目指して頑張ってきた息子様に迷いはありません。当たって砕けろでの精神で医学部を受験されます。

そんな息子様の姿を見た親御様は、親にできる事は祈る事、合格祈願で祈りが届くことを信じ最後のご依頼くださいました。

私も何としても合格して頂きたい気持ちで一杯でした。とにかく一年間ストイックに頑張ってきた息子様の力が120%発揮できる様に合格祈願をさせて頂きました。

それからしばらくして
合格発表があったと連絡を受けました。

C判定からの合格!

メールには「合格しました!」と書かれていました。

これには私も感無量です…

お母様がおっしゃっておりました。
「久しぶりに息子と抱き合い、手を取り合い、声を上げて泣きました。」すると息子から「お母さん、今までごめんなさい。」と言われました。との事…

感動の状況が目に浮かびますよね…

この一年間まともな会話もなく、凍りついていた親子関係に陽が差した瞬間でした。

ストイックに頑張ってこられた息子様、それを支え続けた親御様、口を利かなかったけど、ずっとお互い気にかけていたんだなぁと思います。

そんな親子愛に感動です…

家族にとって辛く長い一年だっと思います。世の中には努力で報われない事もありますが、息子様は努力した事で報われて本当に良かったと思います。

これだけストイックに頑張れる息子様は、きっと良い医師になってくれるでしょうね。今後の息子様に期待しています。

本当におめでとうございました!